読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shogun election, 1716

1716年(正徳6)、第7代将軍徳川家繼が亡くなる前後に次の将軍職を巡って御三家の3人の藩主が競合しました。

=将軍候補

*尾張藩主徳川継友

*紀州藩主徳川吉宗

*水戸藩主徳川綱條(途中辞退)

=審査員

*天英院

*月光院

*新井白石

*間部詮房

天英院の決定で吉宗が8代将軍に当選されました。
1730年(享保15)、繼友の後に続いて尾張藩主となった徳川宗春は、新しい次元で将軍吉宗のライバルになりました。
吉宗は御三家システムの補完策として、自分の息子を分家させて御三卿を設置しました。